100331
坂本真綾さんのライブでのセットリスト記録メインで、情報もついでに。
タワーレコード新宿店・渋谷店

「Live 2011 in the silence」発売を記念して4店舗で衣装展が開催されています。
アニメイト秋葉原店(イージーリスニング)、タワーレコード新宿店(30minutes night flight)、
タワーレコード渋谷店(Driving in the silence)、アニメイト渋谷店(アンコール)。
一通り観ましたが、真綾さん美しい!
音も良くて、「Buddy」なんか会場だと音像がごちゃごちゃした感じだったのが、
非常にすっきりして、バランスも良くなって見違え(聴き違え?)ました。
シンプルな編成で、ある程度の音量であれば残響がきれいに響いていい会場なんですが、
たくさんの楽器をいっぺんに、結構な音量で鳴らすと、どうしても音が回りすぎて
ごちゃごちゃって感じの音になってしまいますから当日は仕方ないと思っていました。
「誓い」の終盤、ギターソロをバックに真綾さんがお辞儀をして
客席から拍手が上がるところはやっぱり感動しました。
公式ニュース
タワーレコード新宿店(Twitter)
タワーレコード渋谷店(Twitter)

「Live 2011 in the silence」にコーラスで参加したハルナさんがつぶいやいています。
ハルナ(Twitter)

Cut編集部日記で「Live 2011 in the silence」について触れています。
「モアザンワーズ」リリースに合わせて真綾さん、菅野さん、岩里さんの3人を呼んで
思い出話を絡めたインタビューをやって欲しいなぁなんて思ったり。
Cut編集部日記

web拍手 by FC2

2012.05.21_22:35
末光篤

今日、「eternal return」を作曲した末光篤さんのワンマンライブが開催されたのですが、
真綾さんが送った花の中にみつばちマーヤが隠れていたらしいです。
なかなか面白いですね。
末光篤(Twitter) 12



7月14日、15日に「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」in Osakaの開催が決定しました。
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」公式blog



いよいよ「Live 2011 in the silence」が発売になります。
フラゲだと明日には入手出来ますね。
という訳で、個人的に注目しているところを書いてみたいと思います。

・「afternoon repose」
生で聴いてみたかった曲の1つだったので、冒頭のコーラスから鳥肌が立ちました。
あと「バイク」が生で聴ければ、思い残すことはないでしょう・・・たぶん。
「bitter sweet」
真綾さんも、バックの演奏(特に坂田さんのドラム)も素晴らしくて個人的今公演ベストでした。
・「birds」
曲の本編も良かったんですが(終盤のコーラスとの掛け合い部分なんて特に)、
真綾さんがステージから消えてからのコーラス→ギターソロも凄かったです。
石成さんがギターを弾きまくってましたし、
コーラスのメロディーをなぞる部分なんてベタですけど鳥肌モノでした。
・アルバム「30minutes night flight」パート
このパートは曲ごとではなくアルバム単位で1つの作品として完成されていた感じがありました。
1曲を除いて近年たくさん歌っている曲ばかりなので安定していて、
途中MCを一切はさまなかったこともアルバム感がより出て良かったです。
・「極夜」→「誓い」
やっぱりこの流れ好きです。
アルバム通りの順番で聴きたい曲ってありますよね?
個人的には「孤独」→「DIVE」とかもそうです。
「誓い」終盤での石成さんのソロもカッコ良かったです。
そのソロをバックにお辞儀をする真綾さん、湧き上がる拍手。
印象に残っているこの感動的な光景をまた観れるのはうれしいことです。
・「おかえりなさい」
強烈な個性があるという訳ではないんですが、すっと心に入ってくる不思議な曲です。
何回も生で聴いてますが、その度に思います。
・「Rule~色褪せない日々」
久しぶりに生で聴いたのでいろいろと思い出してしまいました。
丁度その頃に真綾さんを本格的に好きになったんだなぁと。
前回聴いたのはタナボタ2ですので10年前のことです。

その他に照明や紗幕を使った視覚効果が素晴らしかったので、
じっくり細かいところまで観てみたいと思っています。
あと、開演前の会場ではアンビエントな音楽をバックに小鳥のさえずりが聞こえていました。
凄く雰囲気が良かったので、冒頭で使われているかどうかが気になります。

web拍手 by FC2

2012.05.18_00:42


掃除をしていたらビデオテープが出て来て(ウルフズレインが録ってありました)、
観てみると「tune the rainbow」のCMがあったのでアップしてみました。
そう言えばYoutubeとかで見たことないなぁって(検索したらありましたね・・・)。
発売されたのは今から9年前!(そ、そんなに経ちますか・・・)の2003年4月2日で、
他に「THE GARDEN OF EVERYTHING ~電気ロケットに君をつれて~」、
「ちいさなヘミソフィア」が収録されていました。
過去に15回歌われていて、最近では2年前の武道館で0331medleyの中で歌われました。
0331medleyとは菅野よう子さんのピアノ伴奏だけによるものだったんですが、
今思い出しても本当に素晴らしいものでした。
また、2009年の七夕ソニックでのアカペラバージョンも良かったですし、
2004年のラジオでのアンプラグドバージョンも良いものでした。
七夕ソニックでのアカペラバージョンについて少し説明しますと、
暗転後、暗闇の中から小鳥のさえずりが聞こえてきて、
小鳥のさえずりに耳を奪われているとふいに
“ 守りたい ただあなただけを ♪ ”
と真綾さんの歌声が入って来て、
その歌声はテンポを無視するかのように溜めに溜めてじっっくりと歌い上げます。
それには意図があって、次の曲への演出として繋がっていました。
次の曲は中島愛さんによる「VOICES」という曲だったんですが、
この曲も最初アカペラで入って途中でバックが入ってくるという形で、
バックが入ってくるまでは時が止まっているというか、モノクロの世界というか、
そういった感じの世界だったのが、バックが入った瞬間、時が動き出し、
色彩がパッと弾けるような感覚になりました。
演出した菅野さんもすごいですし、真綾さんの静寂をも意味あるものへと変える
演劇的とも言える力もすごいなぁって思った次第です。
話が長くなりましたが、最後にこの曲が歌われる年にはちょっとした法則があって、
歌われた年は2004年、2005年と2009年、2010年で、
このパターンから行くと次は2014年、2015年ですかね?
っていうのは冗談ですが、またすぐにでも聴きたいものです。
本当に最後になりますが、続きに各バージョンのリンクを貼りましたので、
興味のある方はご覧ください。

tune the rainbow
2004/02/06(金) スタジオ・ライブ・スペシャル 「少年アリス アンプラグド」
2004/03/10(水) タナボタ3 ニコパチなど
2004/03/11(木) タナボタ3 ニコパチなど
2004/03/13(土) タナボタ3 ニコパチなどなど
2004/03/29(月) タナボタ3 ソラヲミロ
2004/05/01(土) IDS! トーク&ライブ ②
2005/07/03(日) Anime Expo 2005
2005/09/04(日) Anime Fest 2005
2005/10/30(日) IDS! mini ライブ(Acoustic Style)
2005/11/01(火) IDS! mini ライブ(Acoustic Style)
2009/01/21(水) LIVE TOUR 2009 "かぜよみ"
2009/01/22(木) LIVE TOUR 2009 "かぜよみ"
2009/01/24(土) LIVE TOUR 2009 "かぜよみ"
2009/07/07(火) YOKO KANNO SEATBELTS 超時空七夕ソニック
2010/03/31(水) 15周年記念LIVE 「Gift」

web拍手 by FC2