100331
坂本真綾さんのライブでのセットリスト記録メインで、情報もついでに。
2013.12.31_17:21
クリックすると拡大表示します

Countdown Japan 13/14 も終わったので、データを最新のものに更新しました。ついでなので今年歌われた曲を抜粋して回数が多い順に並べてみました。曲数としては47曲で、延べ回数は329回歌われたことになります。延べ回数は昨年の522回、一昨年の372回に続く歴代3位の記録で、活動的な1年だったと言えるのではないでしょうか。

1位には「Ask.」、「シンガーソングライター」、「ポケットを空にして」の3曲が並びました。これを見るとアルバム「シンガーソングライター」での核となる曲は「Ask.」、「シンガーソングライター」なんだろうなぁって感じがします。

あとは「幸せの秘密」でしょうか。ミュージカルの曲を歌うのは珍しいことで、それほどダディ・ロング・レッグズという作品が真綾さんの中で特別なものだということなんでしょうね。

それと目に付くのが長年歌われていなかった曲が歌われたということでしょうか。「スクラップ~別れの詩」、「cloud 9」、「park amsterdam(the whole story)」は2004年のタナボタ3以来9年ぶり、「グレープフルーツ」に至っては2001年のタナボタ2以来の12年ぶり!という長さ。すごい長さですね(笑)。

今年はカウントダウンライブで年明けして、新年早々アルバム発売とツアー開催の発表。アルバムは全曲の作詞・作曲・プロデュースを真綾さんが行うという新境地。初回盤に付いてきたレコーディング・ドキュメンタリーでの真綾さんの “あぁぁぁ、どんどん下手になるぅぅぅ” は何回観ても微笑ましいものです(笑)。



ツアーは大阪、名古屋、東京で合計6公演行われ、真綾さんの誕生日は大阪公演2日目だったんですが、特にサプライズはなく比較的淡々とした公演だったと思います。印象としてはグランキューブがぐわんぐわん揺れることの方が鮮明に残っているような(笑)。各会場1回ずつ、たったひとりのためのたった1曲だけのライブ、なんていうのもありましたね。

ツアー中の4月に入った辺りには菊田一夫演劇賞受賞の一報が入りました。本当に素晴らしいことで、すごく嬉しかったのを覚えています。真綾さんにとっても大きな出来事だったのではないでしょうか。

攻殻機動隊ARISEで真綾さんが少佐をやったっていうのもありましたね。まさか真綾さんが少佐をやるとはって感じでしたが、そこは真綾さん。真綾さんらしく素晴らしい演技を見せてくれました。



カウントダウン・ライブのDVD発売、今年唯一のシングル「はじまりの海」の発売を経て、ついに来ました、初となる野外フェスへの参加!暑かったですが、いい思い出になりました。30分、6曲と本当に短い時間だったんですが、個人的には今年のクライマックスだったかもしれません。

今年も行われたFCイベント。6ヶ所、12公演という規模で、お馴染みキューカンバーズをバックに素晴らしい演奏を聴かせてくれました。最後は日比谷野音で華々しくFC10周年を祝うはずが生憎の土砂降り。これもいい思い出です(笑)。

そして一昨日のCountdown Japan 13/14で真綾さんの “良いお年を~” を聞いて今年の真綾さん納めも無事終了。

来年は2月に新曲の発売も控えていて、その特典としての限定ライブも4月に予定されています。これ以外にもどんな展開があるのか楽しみです。

ところで真綾さんの年賀状、2014年はどんなんでしょうね?今年はへび年だったので、おめでとうございますね~く!でしたが、さて。うまでとうございます、とか?(笑)。

今年1年、このプログを見てくださり、本当にありがとうございました。来年も気ままな更新になるとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。それでは、良いお年を!

歌唱回数ランキング(ver.2013/12/29)

web拍手 by FC2