100331
坂本真綾さんのライブでのセットリスト記録メインで、情報もついでに。
--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

まずは感想を少し。
「Tell me what the rain knows」を歌ってくれたのは本当に感動して、
イントロを聴いたときは鳥肌立ちまくりで心の中では叫び声を上げてました。
実際に叫び声を上げていた人がいましたが、その気持ちわかりますよw
改めて思ったんですが、菅野さんは凄い、凄すぎる!
ピアノのタッチとか、音の作り方とか、恐怖さえ覚える凄さ。
菅野さんの参加したメドレーパートでは菅野さんは真綾さんの引き出し方を熟知してますし、
真綾さんは菅野さんによって覚醒する感じがまさに科学反応的な感じでした。
英詞の曲も3曲も歌ってくれましたし、コーラス&ストリングスありでしたし、
2004年以来歌ってくれた曲が7曲もあって、さすが15周年記念ライブだけありました。
あと最後に流れた「everywhere」なんですけど、
アルバムに収録されてるものと違って終始バックはピアノとコーラスのみのバージョンで、
静かに終わっていく感じが心地よくてじっくり席に座って聴き入ってしまいました。
こんなところまでこだわってたんですね。

ここからは本題の武道館セットリストの過去データについて主に書いていきたいと思います。
横軸は西暦になっていて、右へ行くほど過去になっています。
また、白抜きにしてある部分はその曲が発売される以前の期間で、
その曲が基本的に歌われることがない期間を表しています。

武道館セットリストの過去データ

web拍手 by FC2
「Gift」
2008年に7回も歌われたのはIDS!イベント7公演で歌われたためです。
この曲を最初に持って来るとはという驚きが少しありました。

「Feel Myself」
2004年以来歌われることになった7曲のうちの1曲で、
そのときはタナボタ3の2日目に歌われました。
この曲が収録されてるアルバム『グレープフルーツ』の発売は1997年なんですが、
その前年にミニコンサートで1回歌われていたりします。

「blind summer fish」
この曲も2004年以来歌われることになった7曲のうちの1曲で、
そのときはタナボタ3の最終日以外の3公演で歌われました。

「ヘミソフィア」
昨年の七夕ソニック以来ということになりますが、
七夕ソニックではメドレーとして歌われたのでフルという形では2004年以来になります。
2004年はタナボタ3の4公演すべてで歌われました。

「ユッカ」
この曲も2004年以来歌われることになった7曲のうちの1曲で、
そのときはタナボタ3の最終日だけで歌われました。

「30minutes night flight」
この曲も前回、2008年には7回も歌われていますが、IDS!イベント7公演で歌われたためです。

「紅茶」
今回のセットリストの中でこの曲が一番長い期間歌われてなかった曲で、
2001年以来なので9年ぶりということになります。

「奇跡の海」
発売された1998年は12回も(この年で一番歌われた曲でした)歌われましたが、
それ以降は改めて見てみるとそれほど歌われる機会がなかったように感じます。

「gravity」
昨年の七夕ソニック以来となります。
また2004年以降、英詞が国内で歌われたのはこのとき1回のみで、
今回の武道館ライブが国内ではそれ以来となります。
国外では2005年に北米でのアニメイベント2公演(Anime ExpoAnime Fest)で歌われました。

「ダニエル」
この曲も2004年以来歌われることになった7曲のうちの1曲で、
その年はラジオ番組とタナボタ3の1日目2日目で歌われました。

「指輪」
アレンジの素晴らしさに改めて菅野さんの凄さを感じました。
かぜよみツアーのアレンジは河野さんには悪いですが
美しいメロティーがギロチンで寸断されてるようでしたので・・・

「Active Heart」
前回歌われたのは2008年のTBSラジオイベント3公演で歌われましたが、
後日放送されたラジオでは放送されせんでした。

「アルカロイド」
この曲も2004年以来歌われることになった7曲のうちの1曲で、
そのときはIDS!イベントの大阪2公演で歌われました。

「夜明けのオクターブ」
この曲も2004年以来歌われることになった7曲のうちの1曲で、
そのときはIDS!イベントの東京2公演で歌われました。

「Tell me what the rain knows」
今回、初めて歌われた4曲のうちの1曲です。
ただただ感動。
この曲が聴けただけでも行った甲斐があったように思います。

「チョコと勇気」
今回、初めて歌われた4曲のうちの1曲です。
チロルチョコ販売で予感はしてましたが、来たときはやはり感動しました。

「トライアングラー」
菅野さんによるピアノバージョンだと2008年のマクロスFライブで披露されましたが、
それ以来になるかと思ったら本当にさわりだけでw

「Get no satisfaction!」
冒頭と途中のリフの部分が真綾さんのギターによるものという点では初めてのバージョンです。

「Private Sky」
今回、初めて歌われた4曲のうちの1曲です。
ライブ映えする曲です。
作曲者の多保さんも武道館に来てたみたいです。
多保の戯言

「I.D.」
この曲も2004年以来歌われることになった7曲のうちの1曲で、
そのときはタナボタ3の最終日で歌われました。

「マジックナンバー」
今回、初めて歌われた4曲のうちの1曲です。
祥子さんのドラムよかったですが、バランス的にちょっとラウドでした。

「everywhere」
今年のプレミアムライブ以来、歌われるのは2回目です。
真綾さんのピアノ弾き語りから入って途中から重なってくるアレンジよかったです。

「ポケットを空にして」
歌われるのが54回目で、15周年記念ライブの最後に相応しい曲です。
菅野さんのアコーディオン、祥子さんのタンバリンもよかったですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。